スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ONE PIECE

仕事場のスタッフから借りたONE PIECEのコミックに
はまっている今日この頃。

アニメもいいですが、やはりコミックは自分のペースで
世界観に浸れるのでいいですね♪

そこで、はまったついでに
「ONE PIECEのキャタクターが飼うならこの犬種!!」を
勝手に決めちゃいます。

ONE PIECEファンの方々、
どうか悪しからず。。


<ルフィー>

*全犬種。オールマイティ。

なんだかんだ言っても結局ルフィー色になってそう。



<ゾロ>
*ジャーマンシェパード、ベルジアン・マリノア、ドーベルマン。

口数少なく、静寂かつ時に大胆なエネルギーであっと言う間に
彼らのリーダーになってしまいそう。



<ナミ>
*日本犬。

孤独に耐え、仲間の大事さを良く知っているナミ。
多くの人に心を許さない彼らの心を理解し、いい距離感で付き合えそう。



<ウソップ>
*ジャックラッセルテリア

ジャックに追われ逃げ回ってそう(笑)
で、強がってみたものの更にバカにされまた逃げてそう(笑)
絵になりそうなコンビ。



<サンジ>
*ブルドッグ

さんざん、ブサイクだのよだれが汚いだの言いながらも
「ほら、飯食えよ」と愛情を注いでくれそう。



<チョッパー>
*グレート・デン

グレート・デンのかっこよさに一目ぼれ。
背中に乗って散歩してもらってそう(笑)
また、深刻な病気の多いデンだが医者なので安心。



<フランキー>
*コモンドール

たまにおかしくなるフランキーのことを
長く覆われたドレッドヘアーの隙間から
冷めた目で見てそう。
でも、本当は優しく男気のあるフランキーのことが大好き。



<ロビン>
*ボルゾイ

冷静沈着でいつもエネルギーの安定しているロビン。
そんなロビンに彼らの方からそばに寄ってきそう。



<ブルック>
*セントバーナード

ブルックがあんなだから、せめて犬には肉付きよくあって欲しい。
また、ブルックの姿を見てもあまり気にしなさそう。
ブルックのバイオリンが子守唄。





スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。