スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

運動って大事!②

運動についてもう少し。

運動方法って色々あると思う。

散歩、ランニング、自転車引き、ボール投げ、
ドッグスポーツ、水遊び、山歩きなど様々。

当然、その人の考えやライフスタイルによって異なるもの。

運動で犬の体を満たすことはもちろん良いことだが、
ついでに「頭の運動」も一緒に行えると尚良いかと思う。

例えば散歩。

歩くことでの体の運動だけでなく、その中には外部からの刺激、
飼い主さんとのルールなど頭に訴えかけることがたくさんある。


それに対してボール投げ。

体の面で言えば、散歩より活動的に動かすことも多くなるだろうが、
単調なことの繰り返しになるので、犬としてもあまり頭を使わない。


これはドッグスポーツでも言えることであり、ディスクドッグの
ディスタンス競技やフライボールはやはり単調な作業の繰り返しなので
体はめっちゃ使うが、あまり頭は使わない。

話が少しずれるが、牧羊犬
(特に強く感じるのはボーダーコリーのワーキングタイプ)に
こういう単調な頭の使わせ方しかさせていないとそこに全精力をつぎ込み、
あっという間にそのことしか考えないジャンキードッグになると感じる。
ジャンキーだけに「それ無しでは生きていけない!」となって
いざ新しいことを教えようと思ってもなかなか受け入れられず、
すぐにイライラしてみたり、逆ギレしてみたり・・。
この手の犬種は漠然と運動ということだけでなく、
頭の使わせ方が本当に大切だとボーダーの飼い主である立場からしても思う。

ちょっと難しい話になってしまったが、簡単に言うと
どんな運動でも犬任せ!って放置しておけば犬が好き勝手やって
飼い主さんとの関係を壊しかねない。
どんな運動の中でも最低限のルールは絶対あるはずなので、そこを
ルーズにしないこと。更には新しいこと、ルールをどんどん入れて
犬にもたくさん頭使わすことができたら犬にとって頭も体も使って
満足!ってなると思う。




スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。