スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飼い主としての義務

自分の住んでいる地域では
まだまだ「ドッグトレーナー」という言葉が
知られていません。

先日も、「ドッグトレーナー?犬の服を作る人?」
って言われちゃいました。

トレーナー・・・ね(^^ゞ


犬のしつけに関しても残念なことに意識は低いと感じます。

何にも教育を施さないで育てて来たのに、いざ手に負えなくなると
バカ犬呼ばれをし、周囲に助けを求めるだけで
自分は何にもしようとしない、何にも変わろうとしない。
とても残念ですが、そんな方もたくさんいらっしゃるのが現実です。


自分はこうしてドッグトレーナーをやっていますが、
便利屋になるつもりはありません。

困ったからドッグトレーナーに助けを求める。これは勿論いいのですが、
まかせっきりはNGです。
だって、その犬に教育を施すことは飼い主さんの義務なのですから・・。
その犬と絆を作るべきなのは、自分ではなく飼い主さんなのですから・・。

自分の犬との関係がうまくいっていないのなら、その原因を理解してもらい
生活環境や犬と向き合う上での心構えなど飼い主さん自身に
変わってもらう必要があります。
「自分はそのまま。犬には変われ!」はどうやったて無理があります。


飼い主さんが本気になってこそのスタートライン。
そこから犬と共に色んな事を乗り越え絆が深まっていく感覚。
これを知ったら、きっと犬と向き合うことの楽しさに
気付くのになぁ~。
犬の素晴らしさに気付くのになぁ~。

1人でも多くの飼い主さんに「犬」というものを伝えられるよう
自分自身、もっと勉強しながら頑張るまでです!



P1150538.jpg



スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。